ベルトの扱い方とお手入れ方法

ピン式のベルトを締める時、ベルトをグイっと反り返して穴に入れていませんか?

これはベルトを傷める最もよくない絞め方です。

穴に通す時にベルトを反り返さず、まっすぐ引っ張って締めるようにしましょう。

また、ベルトはきつく締め過ぎないようにしましょう。

体だけでなく、ベルトの負担も大きくなってしまいます。


ベルトの穴は

ベルトの穴は複数空いていますが、中央で止めることで、もっとも美しくなるようにデザインされています。

なので、ベルトは中央の穴だけを使うのが基本。

ベルトを切って長さが調節できるタイプの場合は、真ん中の穴を使うように長さを調節するとよいでしょう。

また、複数本のベルトを持ちローテーションで使う方がベルトが長持ちします。


革ベルトのお手入れ方法

普段は、空拭き等(スウェードはブラッシングなど)のお手入れで充分です。

水に濡れた時には、水分を吸い取って形を整えてから陰干しして下さい。

革の表面にかさつき等がみられるようになってきたら、皮革用クリームで手入れします。

クリームのボトルに注意書きがあると思いますが、まずは目立たない場所で試してからにしましょう。

また、小さなキズは、皮革用クリームで目立たなくなることもあります。

却って目立つ可能性が高いので、マジックなどで塗るのは避けた方が良いでしょう。

皮革用クリームは素材にあったものをお選び頂き、注意事項に従ってお使いください。


ベルトの扱い方、お手入れ方法 まとめ

ベルトは使い続けるうちに、最初はまっすぐだったものが反ってきます。

体にフィットする形になっているだけですので、これを無理に伸ばす必要はありません。