時計の基本知識

腕時計のサイズ計測

腕時計のサイズ計測

当店の時計のサイズの測り方は、上記のようになります。

ひとつひとつ計測しておりますので質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


腕時計の各部名称

腕時計の各部名称

フラッシュフィット

ラグとラグの間にある、ブレスを連結させるためのパーツ。

主にロレックスの旧モデルに使用されていたが、現在ではより強度を得るため殆どのモデルでブレスとの一体型を採用しています。


プッシュボタン

主にクロノグラフを作動させるための操作ボタン。

一般的に上部がスタートとストップの役割、下部のボタンがリセットの役割を持っている。

リューズと同じく内部に繋がっているため、取り扱いには注意が必要です。


リューズ(竜頭)

ゼンマイを巻き上げたり、カレンダーや時刻の調整等を行う際に使用するパーツ。

直接内部の部品に繋がっているため、取り扱いには注意を要する。


ベゼル

風防の周囲に取り付けられるリング状のパーツ。

元々は風防を固定するためのものであったが、現在は装飾品の意味合いが強くなっている。

目盛りやタキメーター等を配している場合もあり、またベゼルそのものが無いモデルも存在する。


インダイヤル

現在時刻とは別の表示に用いられる小さなダイヤル。

主にクロノグラフの積算計やスモールセコンド(秒針)などを表示し、モデルによっては日付や曜日など様々な表示に対応する。


風防(ガラス)

ダイヤルを保護するパーツ。

現在では硬質で傷が付きにくいサファイヤクリスタルが最も一般的に使われるが、

他にプラスチックやミネラルガラスなどを使用しているものがある。


ダイヤル(文字盤)

時計の顔となる部分。フェイスとも呼ばれる。

色・素材・模様・装飾など様々なデザインがあり、ブランド名やモデル名を表記している場合が多い。


ケース

腕時計の本体であり、ムーブメントを収納する容器の役割を担うパーツ。

精密機械であるムーブメントを衝撃やゴミ、水分などから守る重要なパーツである。


ラグ

ケースの上下に突き出す形で取り付けられた、バンド装着するためのパーツ。

ケースと一体となっているものも多い。


バンド

腕時計を腕に装着する部分。

一般的に、金属製のものはブレスレット(ブレス)、その他の素材(革やラバー等)を使用しているものは

ベルトやストラップと呼ばれる。


バックル

ブレスレットを留め固定する金具。

もしくは革ベルトをワンタッチで留められるよう工夫した金具の事を指す。モデルによって様々な形状がある。